ジャニーズWEST 小瀧望 主演 舞台「エレファント・マン」(2020)(グッズ,日程,当日券,公演時間,あらすじ,レポ)

カテゴリー
公開日2020.08.25最終更新日2020/11/02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


舞台「エレファント・マン」は、小瀧望さん(ジャニーズWEST)主演の舞台です。

会場は、世田谷パブリックシアター(東京)になります。

ここでは、舞台初心者でも楽しめるように、舞台の情報を随時更新していきます。

舞台「エレファント・マン」 2020 日程・詳細情報

オフィシャルサイト

舞台「エレファント・マン」 オフィシャルサイト。




[東京] 世田谷パブリックシアター

会場
世田谷パブリックシアター
チケット代金
全席指定・税込
S席 8,500円
A席 5,000円
出演者
小瀧望(ジャニーズWEST)
近藤公園
花王おさむ
久保田磨希
駒木根隆介
前田一世
山﨑 薫

高岡早紀
木場勝己

主演の小瀧望さんの詳しいプロフィールはこちら

日程(東京公演)
日程昼の部夜の部
2020/10/27(火)19:00
10/28(水)
10/29(木)19:00
10/30(金)13:00
10/31(土)13:0018:00
11/1(日)14:00
11/2(月)14:0019:00
11/3(火・祝)
11/4(水)14:00
11/5(木)14:0019:00
11/6(金)
11/7(土)13:00/td>

18:00
11/8(日)14:00
11/9(月)14:00
11/10(火)14:0019:00
11/11(水)
11/12(木)14:0019:00
11/13(金)13:00
11/14(土)13:0018:00
11/15(日)14:00
11/16(月)14:0019:00
11/17(火)
11/18(水)
11/19(木)
11/20(金)13:00
11/21(土)13:0018:00
11/22(日)14:00
11/23(月・祝)13:0018:00

舞台「エレファント・マン」 2020 配信 日程・詳細情報

オフィシャルサイト

舞台「エレファント・マン」オフィシャルサイト。

舞台「エレファント・マン」 2020 日程(配信日時)

日付配信時間
2020/12/5(土)18:00

※見逃し配信あり 2020/12/6(日)18:00まで

舞台「エレファント・マン」視聴券購入方法

●視聴チケット販売
2020/11/20(金)予定

●視聴チケット価格
4,000円(税込)

舞台「エレファント・マン」の当日券は?

舞台「エレファント・マン」には当日券があります。

各公演日の前日に「当日券購入整理番号」の電話受付となります(詳しい情報はオフィシャルサイトで確認を)。

まだ観劇のチャンスは残っていますので、当日券も頑張ってみましょう!

舞台「エレファント・マン」の公演時間は?終演後日帰りできる?

舞台「エレファント・マン」の公演時間は、約2時間40分(休憩20分含む)の予定です。

公演時間はあくまでも目安となります。

拍手の長さや、座長の挨拶などで、終演時間は前後することがありますので、帰りの電車やバスの時間は、余裕を持って決めてくださいね。

舞台「エレファント・マン」グッズ

舞台のグッズはオンラインサイト「Johnny’s goods shop MERCH MARKET 2020」での購入が可能です。

パンフレットは会場と通販の両方で販売されますが、それ以外のグッズはオンライン限定となります。


・販売開始:10/27(火)5:00~12/15(火)23:00
・ジャニーズショップオンラインストアへの登録が必要
・期間内に注文で必ず購入可
・送料は660円
・他グループの商品と混ぜて購入することはできません。
・購入制限は「お一人様各グッズ2点まで」となります。

※全て税込価格となります。

商品価格
パンフレット1,500円
小瀧望ポストカードセット800円

舞台「エレファント・マン」あらすじ・みどころ

「『難しい』の1つ上の表現があればそれを使いたいと思うくらい、自分にとってはとんでもなくハードルの高い作品だと思っています」

STAGE navi 2020 vol.47 小瀧望 インタビューより引用

主演の小瀧望さんがこうインタビューで答えるほど、演じることが難しい作品です。

小瀧さんが演じる「エレファント・マン」は、頭頂部が膨張し、変形した身体をもつ、実在していた人物です。

特殊メイクはせず、身体を湾曲させることで、この外見を表現するそうです。

19世紀のロンドン。その外見により「エレファント・マン」として、見世物小屋に立たされていた青年ジョン・メリック(小瀧望)。

肥大した頭蓋骨は額から突き出し、体の至るころに腫瘍があり、歩行も困難という状態だった。ある日、見世物小屋で彼を見かけた外科医フレデリック・トリーヴズ(近藤公園)は、研究対象として彼を引き取り、自身が務める病院の屋根裏部屋に住まわせることにした。メリックにとっては、その空間が人生で初めて手にした憩いの「家」となった。

はじめは白痴だと思われていたメリックだったが、やがてトリーヴズはメリックが聖書を熱心に読み、芸術を愛する美しい心の持ち主だということに気付く。当初は他人に対し怯えたような素振りを見せていたメリックも、トリーヴズと接するうちに徐々に心を開きはじめ、トリーヴズもまたメリックに関わることで、己の内心を顧みるようになっていく。

穏やかな気質のメリックには上流社会の人々の慰問が続いた。その中に、舞台女優のケンダル夫人(高岡早紀)もいた。メリックはケンダル夫人に異性を感じ、ときめく。そして普通の人間のように振る舞いたいという思いに駆られていく・・・・。

公式ホームページより引用

舞台「エレファント・マン」取材の様子

舞台「エレファント・マン」レポ・感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます